妊娠中の脱毛に関する注意点

妊娠中の脱毛に関する注意点

妊娠している時期と言うのは実は、第3者にVIOの部分を見せなくはいけない機会が多いので脱毛をしたいという人もいるようです。

 

たとえばエコーの検査のときには妊婦は下着を下にずらします。
エコーに映っている子供を見て「ここが子供の心臓ですよ」などと言われると感動するものなのですが、実は先生や看護師さんたちには丸見えなのです。

 

妊娠後期に入る前に脱毛をしたいという人がいますが、妊娠初期の脱毛は可能なのでしょうか?

 

答えを先に述べますと、可能は可能ですが、脱毛エステも脱毛クリニックも妊娠しているとわかった状態で脱毛処理をしてくれるところはありません。

 

なぜでしょうか?

それは妊娠期間中はホルモンのバランスが著しく崩れているため肌の回復力が弱いからです。
もうひとつはホルモンのバランスが崩れることに伴い、肌の毛周期が不規則になります。
毛周期が読めないと、サロン側も次回の予定を決めようがなく、パスするのです。

 

しかし妊娠は年頃の女性ではよくよくありうることなので大抵の脱毛エステ点では特例措置を設けています。
こんな感じです。

 

「契約期間中に妊娠が発覚したなら妊娠中は脱毛を行なわない、ただし契約期間の延長を行い、出産後最初の生理が終わったときから再び脱毛を受け付ける」
というような内容です。

 

クリニック、エステ側も女性の美容に関する敏感な商売ですので、できるだけリスクを負わないのは理解できることです。

 

しかし「妊娠中に脱毛を気づかずにしてしまった」という人もいるかもしれません。

胎児への影響はないのでしょうか?

 

今の医学での見解は胎児への影響は全くないというものです。
レーザーにしてもフラッシュにしても当てたライトの影響があるのは表面1センチ以内です、奥深くにある受精卵や胎児に影響が及ぶとは考えられていません。

 

よって、母親の皮膚の状態を危惧して、妊娠中の永久脱毛は普通行なわれないのです。

 

では妊娠期間中の毛のエチケットはどのように行なえばよいのでしょうか?

 

一般には石鹸(一番よいのは専用のシェービングクリーム)を十分に塗ってその上から順目でかみそりで剃るという方法です。

 

背中など自分では見えない部分の脱毛は一緒にお風呂に入ったときなどに夫にお願いして剃ってもらいましょう。

 

自己処理をした後は十分な消毒と保湿が必要です。
とりわけ妊娠中は肌が敏感ですので、可能な限り肌が痛まないように、なおかつ、化粧水、乳液などを駆使して、自己処理部分のケアを十二分に行ないましょう。

 

そうすればあなたの幸せな妊娠期間にも美しい女性を維持できるのです。