無駄毛

無駄毛への思い

私は長年ひげの濃さについて悩んできました。

 

特に高校生の時から急に濃くなってきたものですから、
コンプレックスになり、まわりの毛の薄い人たちを本当にうらやましく思っていました。

 

特に私の場合は、肌が白くひげも密集して生えてこず、
濃い髭がぽつぽつと生えてくるものですから、
おしゃれひげという逃げ道もなく顔周りの髪の毛を伸ばして隠すという方法で頑張ってきました。

 

剃っても肌が弱く、
カミソリ負けをしてしまい髭剃りの後は肌が赤くなり、どうしようもありませんでした。

 

なので毎日ピンセットで鏡と向き合い一本一本抜いていくという
作業を繰り返しそれにいつも1時間はかけていたと思います。

 

当時は本当に時間がもったいなく感じました。

 

しかし大学生に入って20くらいが堺だったでしょうか、
さらにひげが生える個所が増えてきてそのころは実習があったので一本一本抜いていく時間もなく困ってしまいました。

 

そこで出会ったのがレーザーによる永久脱毛です。確かに最初見たときは、少し高く感じました。

 

しかし、これをすることによってカミソリ負けによって肌を痛めることもなく、
コンプレックスからも解放され、話に聞くと、これから先のカミソリ代金、シェーブ代金を考えると全然安くなるとのことです。

 

今なら昔のレーザー治療より痛みも少なく手軽にできるのでおすすめです。

脱毛を自分で行なう豆知識

永久脱毛は脱毛エステサロンで行なうのが基本です。

 

しかし脱毛サロンで脱毛を行なうにしても、みんなストレスの多い中で忙しい中時間をとっていかなくてはいけません。

 

せっかくの高いお金を払って、どうにか時間も取り分けて通っても、エステサロンに行く時間以外はまったく普通の生活を送っているという人も少なくありません。

 

なぜかというと、脱毛に関する知識が乏しいからです。
脱毛に関しては、エステサロンから提供される知識だけで満足してはいけません。

 

彼女たち基本、お金をもうけるために時間をかけて行おうとします。

 

ある程度の肌荒れや感想も、サロン側からするともしかしたらクリームを売るチャンスとなるかもしれません。

 

ですから、脱毛エステサロンで提供される脱毛に関する知識以外の、関係する知識を自分自身で知っている必要があります。

 

エステサロンで行なう永久脱毛の情報とは別に、ある種の「脱毛の豆知識」を持っていれば、もっと効率的に脱毛エステで脱毛処理を受けることができます。

 

例を挙げてみましょう。

ある人は脱毛をしようと思っていても、いろいろな条件ゆえにエステでの脱毛ができない場合もあります。

 

一つは「肌荒れ」です。

なぜ肌荒れになるのでしょうか?

 

脱毛前後の予備知識が欠けているからです。
「肌のよい状態」を保つためにどんな豆知識が必要でしょうか?

 

次に3つ豆知識が必要です。

 

  1. 1、脱毛部のマッサージの効果
  2. 2、ストレスと脱毛の関係
  3. 3、生理と脱毛の関係

 

これらの3つの豆知識を取り入れることは脱毛エステでの脱毛を効果的に受けるために不可欠です。
必ずしもエステサロンでは提供されることはない情報も含まれています。

 

今回はこのように脱毛を有利に進めるために、普段はみんなが知らない「脱毛の豆知識」に注目してみたいと思います。

 

これらの脱毛に関する知られざる知識を持っているだけで、脱毛の効率を飛躍させ、お金の節約ができるかもしれません。

 

続いて、脱毛というのは大きく分けて二つの方法があります。
  1. 1、エステサロンでの脇脱毛
  2. 2、自己処理

 

2番目の「自己処理」つまり脱毛を自分で行なう豆知識が必要なのはなぜですか?

 

それは単純に多くの人は「お金がない」からです。
正直言って永久脱毛は、借金してまで行なうものではありません。

 

本当にお金がないという状況でも、ある豆知識があれば、結構な上質な脱毛を家で行なうことさえできるかもしれません。

 

  1. 1、自己処理をする際の豆知識
  2. 2、エステを利用した顔脱毛等ではない方法で脱毛効果を出す豆知識