デリケート 部位 除毛 注意

デリケートな部位の除毛は注意

デリケートな部位の除毛って難しいですよね。
意外なところでは、膝の裏なんかも意外にデリケートなので、除毛のときは油断できません。

 

私はこの間、膝の裏の毛をカミソリで剃っていたら、
切ってしまったようで、気が付いたら血が出てしまっていました。
近頃のカミソリは安全だと思っていたのに…油断しました。

 

だからといって、電動のシェーバーでは、どうにも綺麗に剃れなくて、
表面にチクチクが残ってしまうんですよね。
除毛クリームはかぶれてしまうことがあるし。

 

本当、膝の裏は意外に除毛が難しくて困ってしまいます。
まぁそんなにたくさん毛が生える部位というわけでも、目立つ部位でもないのが救いといえば救いですけどね。

 

しかし一番安くて、手早く出来るムダ毛のお手入れ方法といえば、
やっぱりカミソリなんですけど、こうして怪我をしたりすると、ちょっと利用を考えてしまいますね。
かといって、除毛クリームなどは毎回購入していると、費用が馬鹿になりませんし。

 

今までは結構お金がかかるしと躊躇っていましたが、結局は脱毛エステやクリニックなどで、
ちゃんとプロの施術を受けてきた方が良いのかも知れません。
最近はだいぶ低価格化が進んでいますし、一度無料カウンセリングに行ってみようかと思います。

脱毛のこれだけ抑えれば失敗しない注意点

脱毛はそれなりの費用をかけて行なうものですので、やはり慎重に行なわないと後で後悔する事になります。

 

事前によくある失敗例や、こんな場合は脱毛ができないなどの注意点を知っておけば、無駄に脱毛エステに足を運ぶなどということを防げます。

 

事前の注意を怠ったゆえに無駄足になった例を挙げてみましょう。

 

たとえば、ある人はレーザー脱毛の高い契約を行ないました。

 

彼女は脱毛するまでに人前に出ないといけない、という理由があったのでしょうか・・・
それとも、「事前に脱毛部をきれいにしておいてください」という言葉を過大解釈したのでしょうか・・・

 

脱毛部分を脱毛前に毛抜きで抜いてしまいました。

 

かみそりで剃るが正解なのですが、毛を抜くと脱毛時にメラニン組織の反応がなく、レーザー脱毛の予約日に脱毛の効果はほとんどありません。

 

おそらく脱毛前に「毛剃り」をするというのを「毛抜き」をすると勘違いしたために起きた失敗です。

 

もちろん個人のミスですので、エステクリニック側を責めるのは筋違いです。

 

別の例です。

 

「脱毛し放題、月々○万円」などのうたい文句に飛びつき、毎週土日と残業がない夕方に脱毛エステのジェイエステで脱毛しようと思って契約します。

 

今は比較的に仕事も忙しくないので、一ヶ月に10回くらい行けるのでかなりお得だと感じます。

 

しかし実際の状態は、予約が取れない・・・
「予約は何ヶ月先まで埋まっています」と言われます。

 

詐欺だと思いますが、「平日なら開いております」とお店側が言う限り詐欺にはなりません。

 

さらにはいくら予約が取れたとしても一ヶ月に10回も通えるものではないのです。
「一箇所の脱毛をすれば、毛周期の関係で何ヶ月もおかないと次回の脱毛は受けられない」というのは脱毛の基礎知識です。

 

しかし早合点し脱毛し放題の契約をすると結局大変なのは自分なのです。

 

「脱毛のこれだけ抑えれば失敗しない注意点」として5つの点を考察していきましょう。

 

  1. 1、医療用レーザー脱毛を受ける際の注意点。
  2. 2、妊娠中の脱毛に関する注意点。
  3. 3、脇脱毛を受ける際の注意点。
  4. 4、顔脱毛を受ける際の注意点。
  5. 5、脱毛全般の抑えておきたい注意点。

 

これらの注意点を心掛けるだけで、エステやクリニックでの脱毛の効率をあげることができるに違いありません。

 

ほとんどの人が通常4〜6回ほどで済む脱毛を、それ以上の回数や期間を行なわなくてはいけない理由は上記の注意点を軽視したからと言っても過言ではないのです。